保険は見極めが大切! 

男性保険というサービスは、私達の将来が見えないからこそ成り立っているサービスでもあり、そこが一番のネックになる部分です。現に保険に加入していたから助かったというケースは少なからずあるものですので、保険の適応範囲はできれば狭めすぎるのはリスクです。また、補償してくれる金額についても考えなければなりません。しっかりと必要なお金は用意してくれるに越したことはありませんが、保険料と保証のバランスは非常に難しいものです。

そのため保険料を下げたいとなれば、何かしらの特約などを削る必要があります。適用範囲は狭い代わりに補償金額は高い、もしくはその逆に幅広いケースに対応できる適用範囲になっていて補償金額が低いなど、バランスを考えていかなければなりません。

自分の生活に合っている保険はどのような保険なのか、保険相談は、私たち素人では答えの出ない難しい問いに対して、専門家のアドバイスを添えてくれるというものです。将来への悩みや不安は尽きないかもしれませんが、最善の選択をするように努力することで、貯蓄を進められるように心掛けてみてください。FPは保険サービス利用者にとってとても心強い味方になってくれることでしょう。


推奨リンク≪ほけんの時間【公式】
└FPに保険相談ができる保険見直しサービスのサイトです。


FPってどんなことを知ってるの?

保険相談の場に居合わせることになるのが、FP(ファイナンシャルプランナー)の有資格者の方です。こちらはファイナンシャルという言葉から、金融のスペシャリストのようなイメージを抱く方もいるかもしれませんが、金融というよりはどちらかと言うと家計のスペシャリストと言った方が正しいでしょう。

相談FPに相談してアドバイスをしてくれる内容はざっくりと、資金計画、金融資産の運用、節税対策、不動産関係の資金管理、相続関係の資産管理などになります。もう少しだけ具体的にアドバイスの内容を説明すると、自分に合った保険の選び方や、住宅ローンの選び方、教育費の捻出法、安定した生活のために必要な貯蓄について、老後の暮らしや年金について、といったところでしょうか。私達が身近に抱えている金銭的な負担について事細かに説明してくれ、またアドバイスをくれるのがFPの役割となります。

保険料についてもFPの専門分野の一つです。現在加入している保険サービスが本当に自分に適しているものかどうか、貯蓄のための保険の見直しについても相談に乗ってくれます。とにかく何でも身近なお金の話ならばアドバイスを受けることができ、生活のためにどのような費用が考えられるかについても教えてもらえますので、貯蓄術や諸費用の見直しのためにもFPの相談は非常に役に立つものだといえます。


・・・保険は見極めが大切! 


保険相談は貯蓄のアドバイスにもつながる

クローバー将来の貯蓄のために、いろいろな経費を見直している人は多いのではないでしょうか。その中の一つに保険の見直しがあることをご存知でしょうか。

保険の見直しとは、その名の通り「現在加入している保険契約の内容やその大きさを見直してより適正な大きさの保険に変更する」というものです。保険というと大きければ大きいほうが良いと考えている方もいるかもしれませんが、決してそういうわけではありません。それぞれの方のライフステージに合わせた大きさというものがあるのです。

たとえば、一人暮らし・独身の方にとって、大きな死亡保障まで必要かというとそうとは言い切れません。そういった死亡保障の金額が必要なのは、配偶者や、お子様がいるお父様のほうです。また、介護特約なども、そのリスクが高い年齢層の方が加入すべきです。

保険とは上手に付き合っていかなければならないサービスであるにも関わらず、こういったことを知らずに勧められたままの保険に加入している人は少なくありません。保険相談にて保険の見直しを行うことは、いかに損をしないかにつながり、引いてはこれが貯蓄へとつながるというわけです

このサイトでは保険相談によって、どのような変化を得ることができるのかについて紹介していきます。保険料が少し負担になっている、できる限り経費を抑えた生活をしたいと考えている方は、ぜひともこちらのサイトで新たな節約術を身に着けてみてはいかがでしょうか。


・・・FPってどんなことを知ってるの?