FPってどんなことを知ってるの?

保険相談の場に居合わせることになるのが、FP(ファイナンシャルプランナー)の有資格者の方です。こちらはファイナンシャルという言葉から、金融のスペシャリストのようなイメージを抱く方もいるかもしれませんが、金融というよりはどちらかと言うと家計のスペシャリストと言った方が正しいでしょう。

相談FPに相談してアドバイスをしてくれる内容はざっくりと、資金計画、金融資産の運用、節税対策、不動産関係の資金管理、相続関係の資産管理などになります。もう少しだけ具体的にアドバイスの内容を説明すると、自分に合った保険の選び方や、住宅ローンの選び方、教育費の捻出法、安定した生活のために必要な貯蓄について、老後の暮らしや年金について、といったところでしょうか。私達が身近に抱えている金銭的な負担について事細かに説明してくれ、またアドバイスをくれるのがFPの役割となります。

保険料についてもFPの専門分野の一つです。現在加入している保険サービスが本当に自分に適しているものかどうか、貯蓄のための保険の見直しについても相談に乗ってくれます。とにかく何でも身近なお金の話ならばアドバイスを受けることができ、生活のためにどのような費用が考えられるかについても教えてもらえますので、貯蓄術や諸費用の見直しのためにもFPの相談は非常に役に立つものだといえます。


・・・保険は見極めが大切!